サイトマップ

English

Japanese

Chiniese


トップページ > 企業情報 > 研究開発 > セラミック成形技術

お問い合わせ

製品・サービス、その他お問い合わせ

研究開発

イソライトの基礎技術、研究開発のご案内

イソライトネットワーク

国内・海外拠点、各関連会社のご案内

研究開発

セラミック成形技術

イソライトの成形技術の特長は、軽量、低熱伝導率で、複雑形状に対応できるという点です。
特にセラミックファイバー製品は成形性に優れており、目的に応じてかさ密度や形状を自由に制御することができます。
板形状、円筒形状、粒状はもちろん、更に複雑な形状まで成形可能です。
生産ライン上では厚さは150mm(板形状)まで成形技術を確立し、研究所では、更なる緻密加工が可能です。

成形技術が使用されている製品例

セラミック成形技術が使用されている製品群

セラミックファイバー成型品利用の提案

燃料電池(Fuel Cell)

燃料電池システムの種種の部品に必要な各種断熱・保温材料に、セラミックファイバー成型品の利用を提案いたします。

燃料電池ボックス

MCFC(溶融炭酸塩型)、SOFC(個体酸化物電解質型)等の燃料電池では、運転温度が比較的高くなります。スペースの制約等で、熱伝導率の小さい材料が必要になる場合があります。

セラミックファイバーを原料とした断熱材は、高い断熱性を持ち、高温下でも安定して使うことができます。

固体酸化物電解質型(SOFC) 溶解炭酸塩型(MCFC) リン酸型(PAFC) 高分子固体電解質型(PEFC)
電解質 安定化ジルコニア 炭酸リチウム
炭酸カリウム
リン酸 イオン交換膜
作動温度 800〜1000℃ 600〜700℃ 200℃ 80〜100℃
燃料 水素
一酸化炭素
水素
一酸化炭素
水素 水素
電極材料 Ni
LaSrMnOx
Ni
NiO
Pt/C Pt/C
導電イオン O2- C3 2- H+ H*
発電効率 45〜65% 45〜60% 40〜45% 40〜50%

 

セラミック複合成形技術

複合体を成形する技術は大きく3つに分かれます。

  • 原料に機能物質(粒子等)を混合して成形
    機能物質が均一に分散した成形体になります。有機、無機、金属、基本的にどの物質も複合可能です。
  • 機能物質(電熱線等)の周りを成形体で埋める
    機能物質と一体になった成形体になります。
  • 成形体に機能物質(触媒等の液体)を含浸する
    特殊機能を有した成形体になります。多孔質であるので各種フィルターとして使用されています。

複合技術が使用されている製品例

  • パネルヒーター (セラミックファイバーと電熱線の複合)
  • イソプラトン (セラミックファイバーと無機粒子の複合)
  • 重金属吸着材 (珪藻土と重金属吸着成分の複合)

複合技術が使用されている商品例

メールでのお問合わせ

お問い合わせフォーム

ページトップへ

c Isolite Insulating Products Co., Ltd.